注文住宅

施工事例

在来木造工法は、何と言っても優秀な大工さん、職人さんなど、
古来から日本に伝わる高い技術に支えられた工法であり、
日本の住宅の中で最もポピュラーな工法です。

柱や梁といった軸組が骨組みの主たる要素になっている建物で、
日本古来の工法でもあることから、『在来工法』と呼ばれています。
開放的な間取りができること、他の構法と比べ増改築がしやすく
将来のリフォームがしやすいなどの特徴があります。

施工順序としては、「基礎→土台→主要部分→小屋組み→屋根→床→壁」
の順ですすんでいきます。屋根が比較的早期の段階で取り付くのは、
「木造枠組壁構造(2×4)」と対照的です。
この施工順序は、雨の多い日本において最も適している工法とされています。

メールでのお問合せ